免疫力は人生を豊かにする肝!

免疫力でブッ飛ばせ!にようこそ

免疫力の低下は、なぜ起こるのでしょうか?

免疫は、私たちの身体を守るとても大切な仕組みです。その免疫は、数多くの免疫細胞の相互補完的な機能によって身体を疾病から守っています。

その免疫の中で、特に重要な役割を担っているのが、ナニュラルキラー細胞と呼ばれています。

ナニュラルキラー細胞は、ウィルス感染や細胞の悪性化等により、身体の中に発生した異常な細胞を初期の段階で攻撃する働きをします。

そのために、ナニュラルキラー細胞は、最前線で活躍する極めて重要な免疫細胞になります。

身近な生活の中で、度々、発症するものは、所謂、風邪がありあす。免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなるなど、様々な疾病を誘発することになります。
免疫力は、私たちの日常生活を維持する観点で極めて重要な“ちから”になるのです。

免疫力の概要と重要性について触れてきましたが、この免疫力は、どのような状況で低下するのでしょうか?
実は、身近な生活の中で、免疫力が低下する要因は、多く存在しています。

そのために、免疫力が低下する場面が、多くの方が、直面することになります。
免疫力が低下する要因について具体的に触れてきます。一つ目が、加齢に伴う要因が挙げられます。

免疫細胞のT細胞の生産を担当する胸腺とリンパ球を多く含んでいる脾臓の萎縮が、加齢とともに他の臓器に比較して早いといわれています。
T細胞が、老化の影響を受けやすい要因は、T細胞の補充の多くが新生児期に限定されるといわれています。

その後は、十分に補充されないと考えられています。このために、免疫応答全体をコントロールするT細胞系が特に影響を受けやすいと考えられています。
更に、加齢に伴う胃腸の衰えから腸内の細菌バランスが崩壊すると免疫低下の原因と考えられます。

加齢による免疫力の低下以外にも、生活習慣(昼夜逆転の生活・運動不足・喫煙・飲酒)や食生活(加工食品、インスタント食品などに含まれる添加物、偏った栄養バランス等)、現代社会環境(現代社会を取り巻く環境悪化や環境ホルモン等)、ストレス(対人関係・仕事・勉強等)、抗生物質(抗生物質の多用による耐性菌などが頻発、免疫低下)、投薬治療(複数の薬を長期間にわたる服用による副作用としての免疫力低下)などが考えられています。

ただし、抗生物質や投薬治療は、疾病の解消に必要な医療行為であり、担当される医者と相談していく必要があると思います。
私たちの日常生活から疾病を遠ざけてくれる免疫力ですが、免疫機能を十分に発揮させるためには、規律ある日常生活が大切であることが改めて感じます。


参考リンク

ここでは免疫力を向上させる上で役立つサイトをご紹介します。

  • 最終更新:2017-07-01 00:59:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード